リハビリ用の電動マッサージ器

私の祖父は、脳卒中で倒れて以来、体がいうことを効かなくなって、リハビリを受けるようになりました。少しづつ回復の兆しは有り、自宅で静養することもできていますが、未だに思うようにはいきません。特に体の関節が固くなる冬の朝などは、生活動作がままならないことで強いストレスを感じるのだそうです。

そこで、なんとか自宅でもリハビリを進行させるために、担当医のすすめもあって、電動マッサージ器を購入しました。説明書きが私のような介護素人にも分かりやすく、とても印象が良かったです。
この電動マッサージ器は、正しくは低周波治療器と呼ぶそうで、麻痺部にマッサージ機器を当てるだけでもある程度の効果が見込めるのだそうです。

体があたたまるだけでも儲けものですし、リハビリのための家庭機器があるのは嬉しいものです。
その他にも自主リハビリを続けています。

頭のマッサージ

ふくらはぎを上下に擦る運動や、洗濯用の長い棒や輪ゴムを使って、腕や指を動かす運動も重ねて行っています。そのどれらも、私が「上手だよ」などの声をかけてあげることで、リハビリをしている祖父を勇気づけることができていると信じています。リハビリが終わった跡はマッサージを、もちろん電動マッサージ器でやってあげると、気持ちが良いし報われた気持ちにもなると、とても喜んでくれます。

こころとこころが通じ合えば、苦しいリハビリでもどうにかうまくいくのではないかと、今は私は思っています。
リハビリは大変ですが、マッサージや、機械にも頼って、頑張っていきたいです。